バイアグラでED改善

若年性EDとは

EDつまり勃起不全は少し前までは加齢によって起こるものだとされていたので、中年以上の男性にしか起こらないものだと思われていました。
ですが最近になって若い世代でも勃起不全に悩む方が増えてきているのです。

加齢によってEDになってしまうのは、喫煙やアルコール、運動不足など生活習慣が原因となって、血の流れが悪くなるためでした。

では若年性でEDになってしまうのはなぜなのでしょうか。
今回はなぜ若い世代でもEDになってしまうのか、その理由と治療方法をご紹介していきます。

まずEDになってしまう原因なのですが、大きく分けて2つあります。
ひとつが精神的な部分から勃起不全になってしまう心因性のものと、血流などの体が原因となって勃起不全になる器質性のものです。

先ほど軽く話したとおり年齢を重ねてEDになる場合は器質性がほとんどです。
反対に若い世代でEDになってしまうのは心因性のものであることが多くなっています。
若いうちはまだ性交ににも慣れておらず、精神もまだ不安定で周りの言葉に影響されてしまうことがあり、それらが原因となっていることが多いのです。

心から来ると言われてもいまいちピンと来ないかもしれないので、例を挙げてご説明していきます。
性行為を行ったことがない、または新しい彼女と付き合って初めてで緊張している時に起こるものがあります。
相手にどう思われるかが不安だと思う心が先走ってしまい、性的興奮を覚えるよりも緊張の方が強くなってしまうため勃起しないのです。

ふたつ目にマスターベーションのしすぎが原因になることもあります。
マスターベーションが原因と聞くと強い刺激を与えすぎて射精しないということを聞いたことがあるのですが、EDの場合は少し違います。
マスターベーションは自分のことだけを考えて行えるのに対して性行為は相手のことを考えないといけません。
マスターベーションのしすぎで相手のことを考えることに慣れていないと、いざ性行為を行う時に考えすぎてしまって性行為に集中出来ず勃起しないというものです。

他の例は彼女または妻にだけ勃起しないというものです。
これは長い期間一緒にいた、愚痴を聞きすぎたなどのせいで、特定の人物に性的な興奮をしなくなってしまうということです。
特定の人物にだけ勃起しないという時はお互いに話し合ったりカウンセリングを受けると良いでしょう。

ではひとつ目とふたつ目の場合はどうでしょうか。これらはどちらも、性行為が下手かもしれない、相手を思いやれていないかもしれない、など自分に自信がないことが原因となっています。
つまり自分に自信を持てば改善されるEDなのです。
性行為に自信がない場合は数をこなすことが一番良いでしょう。

自分の性器に自信がない場合はバイアグラなどを使って自信をつけることをおすすめします。
一度自信がつけば今後バイアグラを使わなくても勃起するようになっていくでしょう。


バイアグラの通販|ライフパートナー
バイアグラの通販|ライフパートナー