バイアグラでED改善

勃起不全になる原因

勃起不全とは女性と性行為を行う時に性器が今までのように勃起しなかったり、勃起してもすぐに萎えてしまったり、ちゃんと勃起しなくて性行為を行えないという症状のことです。

最近はEDとも言われるようになっており成人した男性の4人中1人はこの症状に悩まされていると言われております。

今回は男ならなりたくない勃起不全になぜなってしまうのかなどをご説明していきます。

昔までは勃起不全になるのは年を取ることが原因だと思われていました。
ですが近頃は年のせいだけではなく、ストレスや不規則な生活、アルコールの飲み過ぎ、運動をしない、タバコを吸うなどの生活習慣が原因となっていることも分かりました。

大きく分けるとストレスなどの心が原因のものと生活習慣で体が悪くなる器質性のものとに分けられるのです。

まずは心が原因で勃起不全になる理由について話していきます。
若い世代が勃起不全になってしまう場合、ほとんどが心が原因だと言われております。

若年性EDについてはこちらをご覧ください。

心が原因の場合も2種類に分けられ、ひとつ目は現実心因と呼ばれています。
毎日の暮らしの中でたまるストレスが引き金となり勃起不全になってしまいます。
例えば性行為の経験がなくて不安だったり、彼女にダメ出しをされてしまったりした時になってしまうことがあります。
結婚している場合は妻との生活に疲れたり、お金の面で不安があったりするなど、ある程度自分でストレスの原因が分かるものを指します。

反対に深層心因というものもあります。
こちらは幼いころの性的トラウマや経験したことが原因となり起こってしまうもので、心の奥底に眠っているものなので、自分では全く気が付きません。
前者の現実心因は医師に話を聞いてもらったり薬を飲むことで簡単に治ることがありますが、後者の深層心因の場合は原因が分かるまでにかかる時間が長くなるため、治療は難しくなっています。

次は器質性のものについて解説していこうと思います。
器質性とは体が病気になってしまったり体に負ってしまった傷などが原因のことを言います。
それ以外にも年を取ってしまって勃起不全になる場合も器質性です。
年を取ると血管が詰まっていったり細くなっていったりしますが、血の流れが悪くなると勃起しにくくなり勃起不全となってしまうのです。
他にも糖尿病や高血圧のような生活習慣病が原因で血管などに影響が出て勃起不全になることもあります。タバコを吸っていても血流は悪くなるので勃起不全になる原因となります。

こういったことが原因となり勃起不全になってしまいますが、現在はバイアグラを服用することで勃起不全を改善していくことが可能です。

あまり悩みすぎずに一度試してみてはいかがでしょうか。


バイアグラの通販|ライフパートナー
バイアグラの通販|ライフパートナー